ISO/IEC 17025の運用

ISO/IEC 17025の運用に関して課題や困難が生じることは一般的です。ISO/IEC 17025は試験所及び校正機関

向けの品質管理規格であり、高度な品質管理要件を含んでいます。以下は一般的な課題と対策のいくつか

です

(1)ドキュメンテーションの過剰

ISO/IEC 17025は文書化を要求しますが、過剰な文書化は効率性を低下させます。解決策は、必要最小限の

文書化に焦点を当て、プロセスを簡素化することです。

(2)試験方法の適合性

ISO/IEC 17025に適合する試験方法の開発と維持は課題です。組織は試験方法の検証、検討、および改善を

行うプロセスを確立する必要があります。

(3)計測不確かさの評価

計測不確かさの適切な評価と文書化は技術的に要求されるスキルを必要とします。組織はトレーニングと

専門知識の提供を検討することが重要です。

(4)内部監査と改善

内部監査を適切に実施し、その結果から改善の機会を特定し、実行することは必要です。組織は内部監査

プログラムを維持し、監査結果から学び、適切な対策を講じる文化を育てる必要があります。

(5)リソースの不足

ISO/IEC 17025の運用には適切なリソース(人員、設備、計測機器など)が必要です。組織はリソースの

適切な配分を確保し、トレーニングを提供する必要があります。

(6)カスタマーサービスとコミュニケーション

試験所及び校正機関は,顧客に対する高品質なサービスを提供し、効果的なコミュニケーションを維持する

必要があります。

これらの課題を克服するためには、組織内でISO/IEC 17025に対するコミットメントを確立し、継続的な

改善を奨励する文化を育てることが重要です。

また、内部および外部の専門家からのサポートを受けることも役立ちます。組織は運用の課題を識別し、

それらに対処するための計画を立てる必要があります。